秋がきて思ったこと

今日は肌寒い秋雨の日。 夕方歩いていたら、各庭の木立ちの気配が、夏とまるで違っていることにおどろいた。 夏の間炎天にさらされ、ある木は精彩を欠き色彩もぼやけ、ある木は猛獣のようにたけだけしく伸び広がっていたのが、いっきに静かに穏やかになった。 秋が、「どうどうどう」と植物たちを手なづけ、首の下を撫で、頭を擦り擦りしてやって、樹木たちは静かに床に伏せた、というように。 季節の巡りの力を感じた。 それに、「慈雨」という言葉を思い出した。 追記: 写真は、長く職場に置き傘にしていたのを、久しぶりに開いたところ。 蝉の屍骸が入っていた。

続きを読む