水溜りの水が流れていくための道を作った

雨が降ると以前から、庭の一部に水溜りができるもんだから、水溜りってこんなところにもできるもんなんだなぁと、感心しながら見ていた。 水溜りといえば、学校帰りに「ジャーーンプ」とばかり飛び越したり、わざとバチャバチャ踏み壊して入った経験を、おぼろげに思い出す。そうそう、新しい長靴を買ってもらったときなどは気が大きくなってわざと入ったし、長靴がなくて普通のズック靴の時は、慎重によけて通ったり…

続きを読む

近所の植物

床屋の花 びっしりと沢山蕾がついている中、一輪、咲いていた 小さいカタツムリめっけ お化けのような竹 水木しげるだったら、きっと妖怪化している。大竹入道とかモバQ 竹坊主とか、大竹わらし、おおたけちゃんまん、鬼竹(きちく)とか…がく〜(落胆した顔) やっぱ、大竹入道が一番だな ピっタリだ!!

続きを読む

木に気苦労

時間は数ヶ月さかのぼり、今年の夏の終わりのできごと。 昨年引っ越してきたときから、雰囲気が異様な木があって、木だけに気のせいかなと思いつつそのまま放置していた。 したら、夏の間ますます鬼気迫ってきたから、おそるおそる近づいてよくよく見てみると、蟻が上ったり降りたりしている。いったい蟻がこの木に何の用があるのだろう? 木は、特に実も花も付けていない、冴えない枯れた葉を付けているだけの、やせ細っ…

続きを読む

庭仕事

10月、快晴 久しぶりに庭に出てみた。 庭の半分をまだ耕していなかったので、今日はそれに着手。 せっせせっせと耕すあせあせ(飛び散る汗) 土仕事なので、残念ながらカメラを持つに不適な状況。 動画で誰か撮っててくれたら、どんだけがんばったかが証明できたのに。 とにかく、足腰ががくがくふらふら 去年、うちの末次郎が土壌改良にちょっとだけ着手してくれて、そのときの夢が 「ミミズの一杯いる庭」…

続きを読む