チュウリップ植えた。もしくはナメクジについて

庭仕事に目覚めると、秋って忙しい季節だな、と気付きます。 今までは、師走こと12月が一番忙しいような気がしていましたが。 なんで忙しいかっていうと、この時期に植えたものが来年の春にいっせいに花を咲かすのデスね。 植えなきゃ咲かないので、植えるっきゃないのです。 なので今年もまたチュウリップとアネモネを植えることにしました。 はい、これを植えます。 この他に札はないけど、「紫」のも植えました。 (右はじのは別の時に植える) はい、植えました- 植える道具は、 こういうの です。そんなにお高いものではないです。 昨年も同じことをやっていたので、作業はすんなりいきました。 アネモネは湿った土においてしばらく吸湿させてから植えることになっているので、次回に植えます。 昨年は黄色ばかりだったので、今年は色味に変化を付けてみました。 来年の春が本当に楽しみです。 どうかそれまで、大地震など起きず平和に暮らせていますように。 神様、仏様、シヴァ神様、ガネーシャにラクシュミー、よろしく☆ ということで、チュウリップ以外の植物もみてみましょう。 上ふたつ、ビオラです。 前回、恥をしのんで大公開にふみきった「虫食いだらけのビオラ」 その後、「いったい、どこのどいつがあたしの大事なビオラを喰ったのだー」 という追求心にかられ、「虫の本」を買ったところ、 な…

続きを読む

めぐりくる秋。庭の近況

ガーデニングに目覚めたの、昨年の秋だった。 あの頃は、ポール・スミザーの本を買ったり、NHK趣味の園芸を見たりと、庭に熱く燃えていた。 ところが今はどうだろう? 放置、放置、放置の限りを尽くすダメ山ダメ子ちゃん。(骨皮筋右衛門のまね) まぁ誰もあたしの自虐的な反省文など読みたくないだろうから、怠慢とか放置についてはスキップしてと・・・・・・ さっそく、今までに植えた植物がどういう状態になっているのか、みずから他山の石となるべく、 大公開にふみきります。 これは、アフガニスタンの大地を真似て、いったん地植えにしたけどなぜだか理由は忘れたけど、鉢植えにしたもの。 すさまじく徒長してしまって、ひょろひょろで、支えきれずに倒れてしまう始末。 そのためやはり地植えにしようと思って鉢を持ち上げてびっくり。 なんと・・・・・ ぎゃああ、鉢底の穴から根っこが!! それもぶっといやつ。(地面に張っているため、ここまで持ち上げるのに一苦労だった) …植物界を甘く見ていた自分を、ばかだなぁ でもそこがかわいいよ、と言ってあげませんでした。 これは比較的順調に茂っている小手毬。ただ、部分的に葉が枯れてしまうのだけが心配。 あー 誰にも見せたくなった写真。 宿根ビオラの葉が激しく虫にくわれて、購入当初の見るかげもなくなっています。 この現実は、しばらくの間自分でも直視したくなくて、放置していましたが、…

続きを読む