タナセタム ジャックポットの半端な切り戻し

庭仕事の世界には、「切り戻し」ちゅう行為がある。 わたしも聞くだけは聞いていたが、やったことはなかった。なにせ、せっかく伸びた茎を切って短くしてしまうのだから、 「勿体無い!」 「残酷!」 「無体!」 「南無三!」 と、人間界に照らし合わせ思っていた。 ところがこの行為が、一度は終わった花のシーズンを、今再び復活させるらしいのである。 なんて、ガンケンなの、植物・・・ そんなで当…

続きを読む

食用に提供してもいいかなとは言ったけど

もしもアクア色を潜ませたあの優雅な蝶の、 その幼虫であるならば、わたしはこの大事なジューンベリーの木を、すべてそなた(幼虫)に捧げよう・・・・・ とは言ったけどさ ちょっと、この毛虫大きすぎない? しかもいくら調べても何蝶の幼虫かさっぱし判然としないし! 多分、正体はヘンテコな蛾なんだとおもう。それもおもいきし我の強い蛾。 蛾だけに我。蛾ーーン ´ ▽ ` )ノ

続きを読む

梅雨の庭

最近になって自分、植物のことが前より分かるようになってきた。気がする。 前は植物は土に生えた葉っぱであり時々花であるもので、見ると癒される、落ち着く、綺麗。 今はもっと動物的に感じる。植物の生と性と肉体を・・・・・・・・ 例えばこの宿根ビオラは大水飲み。 ここんとこの雨続きで生き生きと葉っぱが立ち上がってきた。それに葉色がうりである「黒みを帯びた緑」にちゃんとなってきた

続きを読む