2013年03月30日

謎の植物X

我がタンブラー(clips)でも連載中、正体不明植物matome。

old→new

何か生えてきたっW(`0`)W
何か生えてきたっW(`0`)W"

少し伸びた・・・(・_・
少し伸びた・・・(・_・

伸びたね。伸びしろの多いやつ^o^
伸びたね。伸びしろの多いやつ^o^

ニョキニョキ 
にしても、コヤツの正体が不明(._.)
ニョキニョキ
にしても、コヤツの正体は…??(._.)??

posted by angie_naka at 20:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うちの庭 | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

2013年、春。

冬枯れの庭に、いっきに春がやってきた。

≪撮影日:2013/03/20 場所:埼玉県南部 日照時間:半日くらい≫以下、特に書いていないのはみな同じ。
2013biora.jpg
↑宿根ビオラ。
今までもupしてきた通り、庭に植えて放置していたらナメクジに食われるワ、ろくに花は咲かないワで苦労させられたビオラ。
鉢植えにしたら、がぜん元気になった(^0^)v

↓これは2月のビオラ
feb-biora.jpg
↓こっちが2013/03/20
3-biora.jpg
やっぱ丁寧に花殻を摘んだり、よけいな葉っぱをカットすると、生き生きしてくるな。この後も忘れないようにしないと…!!

mansaku3.jpg
↑「何これー!?」って感じだけど、うちのマンサク。
mansaku2.jpg
↑同じく。

マンサクの名前の由来は、「(春に)まんず咲く」から来ているのに、まんず咲いてない。
教科書的には今頃、というか2月には黄色い帯状の花が咲いてるはずなのに。
これは、日当たりの悪さもあるだろうけども、1月、2月とろくに雨が降らなかったのに、わたしが水やりをサボっていたせい??



…だから、なんだね。
あたしのせい、なんだね
またあたし、ダメだったんだね。

あたしなんか、いない方がいいんだね!!

と、筋違いに落ち込んだけど。
とゆうか、もう面倒だから引っこ抜いて捨ててしまおうと、思った。
人間(っていうか自分っていうか)って、勝手で残酷なものですね。
思い通りにならなくて、なおかつ文句言わない相手だと、これですよ。

そんでも、春一番のあと、大雨が降って、昨日と今日晴れたら、たくさん葉っぱ?が出ていた。
「花」ではないけど、ともかく、今までのような枯れ枝ではなくなってきた。

引っこ抜こうなんて思ってスマソ。
マンサクのこと、この先も温かく見守っていこうと、決意をあらたにしたよ…


anemone2013.jpg
植えっぱなしにしていたアネモネ。

tatiaoi.jpg
↑立葵のホリーホック ‘ポーラースター’の葉っぱが、生えてきた。
去年三株植えて、ちゃんと育ったのは一株だけだった。うーーん、今年はどうなるか?

smoketree.jpg
昨年の秋に植えたスモークツリー。
今のところ、ぜんぜんやる気なさげ。葉もないし何もない。
なんか生やしてくれないと、カメラの焦点合わないから!!

kobanozuina.jpg
コバノズイナ"ヘンリーズガーネット"
きれいな葉っぱが出てきた。どーんどん育てヾ(・Д・*)ナデナデ

rocian.jpg
↑当ブログでお馴染み、ロシアンセージ。
ただの枯れ枝にしか見えなかったのに、みずみずしい葉っぱが出てきた。
ちなみに大きな画像にすると巨大版。今までiphoneで撮ってたけどRICHO CX4を買ったのでそちらでパチリ。マクロ撮影に威力発揮してるんだよねえ。葉っぱのモフモフ感が毛布みたい!!

kyokanoko.jpg
↑京鹿の子が出てきた。去年の秋に最初の2株を4株に増やしていた。
わたしの下手クソな株分けでも、4株ともちゃんと育っている。
この調子で8株、16株と増やしていくのも良いな~
見ての通り、特徴的な葉っぱで、模様は彫刻刀で彫り込んだみたいにくっきり。
とてもハキハキした印象の植物。

ekinasea.jpg
エキナセアパープレア。
今ごろ気付いたけど、枯れた枝はカットしてから写さないと見苦しいな。

gumi.jpg
↑わたしが植えたのじゃなく、元から植栽されていたグミ。
大きすぎて手に負えないから根元から切ったのに、あっという間に「株立ち」で成長した。
この植物が茱萸(グミ)の仲間であると調べあげるのに、えらい時間がかかったのだった。(先に名前が判明しているのは調べやすいけどネ)
巨大写真は こちら

茱萸(という言葉)の使用例
↑これで知ったけど、昔から小説やエッセイに登場することの多い植物らしい。
確かに、真っ赤な実、ボチボチのある分厚い葉っぱ、綺麗とは言いがたい花と、どれをとっても、ほんとにこいつ植物なのか? 他の違うもの(オーパーツとか)じゃないか? と、瞬間警戒してしまう植物で、濃厚な存在感。

とにかく生育旺盛で、去年も一年中剪定に追われた。
隣家にまでドンドン伸びるから気をつかって。けど途中で疲れてどうでもよくなって放置したり。
ホント、大変な木だワ。

なーんてグミ、もといグチを言うのはやめよう(^-^)ノ
なかなかに文学的で由緒正しい木だと思って愛でていこうネ(`・д・`)ウンウン

ラベル:spring-garden
posted by angie_naka at 11:10| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うちの庭 | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

最近植えたものと、すでに植わっていたもの近況


うちの庭には不向き、というかわたしのズボラな性格では育てられない、と思ってはんば諦めていた
ロシアンセージ。
カタログ写真のようにワサワサとは茂ってないし、やけにヒョロヒョロしているけど(そのため支柱で支えている)、それなりに育って、今やっと一輪の花を咲かせているところ。
そう、これがうちのロシアンちゃんなのだ☆


スモークツリー
たいへんに、たいへんに頑丈な木だと書いてあったので、購入して植えたところ。
現在は苗段階ながら、とてもきれいに紅葉している。
来年あたりからはワサワサと華やかに育って、庭のスター的存在になるはず☆


アメリカコデマリ
庭にコデマリはすでに植えてあるけど、アメリカコデマリってどんなのと知りたくて購入&植栽。
葉の色に特徴があって、黒っぽい。日当たりを好む。ここは半日陰なので育つかどうか?


ジューンベリーが紅葉中。
ヒョロヒョロと伸びて、背丈だけは稼いだけどあまり木らしくない。
どうしたもんか……


こちらは「シモバシラ」という名の植物。
どう育つのか楽しみ。


地植えにしていた宿根ビオラがすぐに葉が枯れるし、しなびるし、クタとして元気がないので鉢に植えかえた。
鉢植えは水やりを忘れると枯れるので、ぜったい忘れるに決まっている自分には無理だと思い全部露地植えにしていた。けどこの際しょうがないので鉢に植えたのだ。うむむ

それからしばらく水をやっていたら、葉が立ち上がって、茂ってきた。
といってもそのエピソードが該当するのは、写真の上側にあるビオラ。
手前の二株は今秋新たに購入&植えたやつ。本来の宿根ビオラらしい色あいの葉っぱで、花もちゃんと咲いている。

もっともこちらも、この庭に居る間に次々と試練を受けて、我が家らしいビオラに変形変色ミュータント化していく事でしょう手(パー)

(中央の木は、こちらも露地植えにしてたけど育たないので鉢に植え替えたジューンベリーのmini。)





posted by angie_naka at 12:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うちの庭 | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

雑草の海に溺れて あっぷあっぷ

前回「拙者、接写に成功」などと浮かれたきり、ながらくご無沙汰いたしました。

あれから早三ヶ月…

ほんとにもーーーどうしてこう月日のたつのは早いのか!!??

あれをやりたい、どこへ行きたい、何を読みたい、あれを観たいと、

気ばかりが急くけれど、何も手に付かないまま、日めくりカレンダーを一枚、また一枚と。


庭仕事だけに限ってもやるべき事は多く、まずもってぼーぼーの雑草をどうにかしないと!

と焦るものの、やっぱなかなか…



ま。しかし。やっと涼しくもなったことだし。

草ぼーぼーの庭の改良に、ようやく着手しました。



↓こーーんな感じでボーボボー 何を隠そう、中央左の大きな草も雑草です。
(その左上にあるのは、「ジューンベリー」なんだけど、雑草にうもれている)
20120916zasso.jpg


↓バッタがぴょんぴょん飛ぶ草むら。れっきとした我が家のガーデン。腰をぐっと落として撮りました(^0^)/
20120916zasso2.jpg


↓よーーく、雑木林とか藪にはえている植物。名前、なんとゆうのでしょうかねえ?
こういうの、野趣あふれる庭、とも言いまして、英語ではワイルドガーデンとも言うのです。うんうん。そう言う言う。
20120916zasso3.jpg


↓こっれもよーく見ますよね、ハタケの脇とか雑木林とか、もうそこらへんで。
子どもの頃はてっきり「ブドウ」かと思っておそるおそる口にしたものですワ。
20120916zasso4.jpg


↓それで指でつぶすとブチューーーー!!と手が紫に染まって
20120916zasso5.jpg
まあそういう懐かしさもあって、育つままに放っといたワケですけど、今調べたら、なんとコレ!!!
「毒性」があるんですと!!

道ばたに生えてるブドウみたいな植物が有毒だったことに衝撃を受け、花言葉にも驚いた 鬼女と喪女

ヨウシュヤマゴボウ - Wikipedia


なんだか、ショックです。

子どもの頃から親しんでいた植物に、実は毒性があったなんて。

あたかも、昔から知っている親切なおばさんが、実は女装のおじさんだった!!くらいの。

(違うかな?)



実はそのヨウシュヤマゴボウ、面白いから(野趣あふれて)、引っこ抜いてないのです。

けど、毒性と聞くと、やっぱ抜いた方がいいのかなぁ?



……それはともかく、気を取り直してブログ更新つづけます。
うれしい発見もありました。
ずっと前に移植していたロシアンセージが、意外にも育って、花も咲かせていたのです☆♪

といっても、雑草に埋もれて判然としません
20120916zasso6.jpg


↓ヒョロヒョロと伸びてまあ…。
ちょっと水をやって、肥料もあげてみようかな、今度。
20120916zasso6b.jpg



と、以上が、ビフォー。

この下がアフター


ものすごい汗かきました。

↓汗ダラダラかきながら、ようやく、雑草が減ったのです。

思えば昨年は、うちのメンズが除草剤を使って、雑草を除去したのでした。

今年は、



↑これを、使いました。

けっこう良い品だと思います。二度目三度目を使ってないので、断言はできないですが。

草刈り機を使って、バリカンで刈るみたいにすると、引っこ抜いた時のように土がひっくり返らないし、土が露出しないでのGOODというわけです。


20120916zasso7.jpg

とはいっても、途中でバテたため、なんだか乱雑ですねえ



↓そんなこんなでガンバって、雑草にまみれていたエキナセアの周囲も刈り込んで、さっぱりしました☆

エキナセア、すでにほぼ枯れているんですけど、

「ルドベキアマキシマは枯れた立ち姿にもあじがある」とポールスミザーさんが言っていて。

エキナセアはマキシマに姿形が似ているから(だから植えたから)、わたしもポールさんにならって、あえて枯れた黒い花を摘まずにそのまんまにしています。

20120916zasso8.jpg

の、はずなんだけど がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)



なかなか、プロのポールさんの庭と同じ風情には仕上がりませんね…


さてさて

それはさておきたらーっ(汗)


雑草も刈ったことだし、またまた本格的なガーデニングシーズン到来なので、

秋はちょこちょこupしたいところです。わーい(嬉しい顔)
posted by angie_naka at 21:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うちの庭 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。