拙者、接写に成功(^^)/

唐突ですがわたしの場合、花に関して苦心惨憺しているのが、「ピント」です。 どうガンバっても、変なところにピントが合ってしまいます。 ↓こんな風に 開きかけた花を写したはずなのに、なぜか背景?にピントが合ってしまって困ってしまって。 ちなみにこの花は、5月に植栽計画をたてて苗を購入した、 「エキナセア パープレア」 上記リンク先を見ていただければ分かる通り、とても可憐な花です。 似た花で黄色はよく見かけますが、この色はやや地味なピンクで、形も面白いし、草丈80センチという高さも気に入りました。なのでかなり愛着をもっています。ところがいざ写真を撮ると、たいがいボケボケ写真になってしまうのです。 ↑これも同じくエキナセア パープレア。台風の翌日(6月20日撮影)。 エキナセア パープレアは台風の間中、ビュービューとすごい風に吹かれに吹かれて、翌日見に行くと、まっすぐだった茎があさって方向にひん曲がっていました。 これにはおどろきましたね… おどろきついでに、写真も撮ったわけです。 ところが、エキナセア パープレアの花にも茎にもどこにもピントが合ってません。 グニャリと曲がってしまう、植物の柔軟性というか、試練に耐える耐え方というか、そういうのを記録したかったのに!! ほんとうに、がっかりでした。 ところで、わたしの使用カメラは「iPhone4」です。 たまたま発見したのですが、iPhone4のカメラは、被写体画面の、写したい…

続きを読む

やっぱこちらで続けます。(優柔不断(^^)/)

こちらのブログデザインを変更したところ、とても気に入ってしまったので、やはりこちらで続けることにしました。 煉瓦の背景画像は、hibana http://hibana.rgr.jp/ サマです。 ただ、「EARTH WIND & FLOWER」というタイトルだけは気に入っていたので残念。 EARTH WIND & FLOWER は (当世代にとっては)むろん EARTH WIND & FIREのもじりなのですが、 そればかりではなく庭ブログのタイトルにどうしても「土」という意味を入れたかった。 それで英語を調べると土を意味する英語はいくつかある中、ガーデニングで言うところの土は、かなりのところEARTHとかぶっている印象をうけたのです。 EARTHといえば、「地球」のイメージが圧倒的に強いわけですが、 「土」も意味する、というのです。 えーー?? ホントかなーーー??? って思いましたよ。 今だにどうなんだろう? って首を傾げてますが、ともかくわたしとしては 「土のヒーリング効果」ってすごいな、と思っていて、土いじりはそれだけでとても落ち着くのですね。 どうしてだか、落ち着く。 癒やし効果抜群だったりする。 だから、庭いじりとか、ガーデニングって自分にとって「花を咲かす」ことではなく、土いじりだな、という意味をこめてEARTH WIND & FLOWER と名付けた、のですねえ… ま、そんなだっ…

続きを読む

ご来訪の方へ

わが庭と同様とっ散らかったブログへ、ようこそ☆ あんまりにも写真サイズ等ばらばらで収拾がつかなくなっているのと、 このスタイルはアップに時間がかかるので、更地にあらたに庭を造ることにしました。 EARTH WIND & FLOWER あきれずにまた、おつきあいください。 sukima拝

続きを読む

雑草との格闘はじめ 春

先ほど↓こういう華麗な花の写真をアップしたわけですが、めざとい方なら、その背後にある「怪しい影」にも目が行ったことと思います。 そう、背後の「怪しい影」とは……… 何なんでしょうかねえあれ。 アネモネなら自分で買って自分で植えたんだけど、そっちはもうぜんぜんっ!! しかも、ハンパなく大量に生えていて……(絶句) ここには写してないけど、もううちの庭はほとんどそいつで埋め尽くされてしまったくらいに、大量に生えて生えて生えまくってて。 もうね、ほんと、迷惑の二文字。 ごくまれに、自分のことを雑草にたとえる人がいるけど、めったやたらと喩えるもんじゃないと思います。 だって、にくにくしいったらないもの。 それに雑草というのは、個人ではなくて、あくまで集団、軍隊、占領軍。 単独行動ならまだしも、庭の全部を占領せんと集団で襲いかかってくる、あいつら「組織」だから。 はらがたつーーパンチ ってことで、春のひとときを雑草むしりで過ごしたのです。ただいかんせん量がすごくて取り切れませんでした。 さいわい深く根を張る植物ではなくて、サクッと抜けるので難儀ではなかったです。 (↓こんな感じですみっこに咲いているだけなら、雑草でもそのまま温存しておくのになあ) その他の怪しい影、こわい… 頼むから今以上それ以上、生えないで!! …

続きを読む